自己紹介



池本 周平, 博士(工学)

2007年4月に大阪大学大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻博士後期課程に入学し,2010年3月に同大学院博士後期課程修了.博士(工学).また,2009年4月から2010年3月の間,日本学術振興会特別研究員(DC2).2010年4月より2014年6月まで,大阪大学大学院情報科学研究科マルチメディア工学専攻・助教. 2014年7月から2015年3月まで,大阪大学未来戦略機構・特任助教.2015年4月より大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻・助教.ロボティクス,特に,生物が有する機能に着想を得た行動則・学習則やヒト−ロボット間の物理的な相互作用を利用したロボットの運動学習手法に関する研究に従事.


所属

大阪大学大学院基礎工学研究科
システム創成専攻
(大阪府豊中市待兼山町1-3 D536)

助教



略歴

  • 1998-2003: 豊田工業高等専門学校機械工学科

  • 2003-2005: 金沢大学人間機械工学科(三年次編入学)

  • 2005-2007: 大阪大学大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻博士前期課程

  • 2007-2010: 大阪大学大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻博士後期課程

  • 2009-2010: 日本学術振興会特別研究員(DC2)

  • 2010 : 博士(工学)

  • 2010-2014: 大阪大学大学院情報科学研究科マルチメディア工学専攻・助教

  • 2014-2015: 大阪大学未来戦略機構第七部門・特任助教

  • 2015- : 現職